就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年8月3日

ブログ(最低賃金を26円引き上げへ)を更新しました。

2018年8月7日

ブログ(エスパルス元社員着服)を更新しました。

2018年8月8日

ブログ(レジの計算合わず給料から天引き)を更新しました。

2018年8月9日

ブログ(給与のデジタル払いは可能?)を更新しました。

2018年8月10日

ブログ(管理職にも労働時間管理を)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

転職で賃金増広がる

転職後の賃金は?
4月11日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

転職で賃金増広がる 求人倍率最高、ITなどけん引 成長産業に人材移動

 


ここから

 

転職が活発になっている。IT(情報技術)分野などで求人が増え、民間企業の調査では、17年度は転職者の求人倍率が過去最高となった。転職後の賃金が1割以上増えた人も3割と、最も高い水準にある。景気回復による雇用環境の改善は、新たな就業者の増加から働く人の移動へと進む。成長分野に人材が移る動きが加速すれば、日本経済の生産性は高まる。

 

前職より高い賃金を手にする転職者も増えた。厚生労働省によると「転職で賃金が増えた」人の割合は14年から35~37%で高止まりし、「賃金が減った」人の割合を上回り続けている。リクルートキャリアの調べでも、17年度の「前職より賃金が1割以上増えた」との回答は29.7%と5年連続で上がり、02年度以降で最も高い。

 

ここまで

 


転職の際の事情や理由にもよりますけど、転職後にはお給料を増やしたいものです。

 

 

転職のための面接が進む中で、応募先から現在の年収額の申告を求められるのが通例です。
前年の源泉徴収票のコピーをくださいという応募先さえあります。

 

 

最終的に内定をもらう前には、転職先から年収の額が提示されます。
そのとき、「えっ?これっぽっち?」、それとも「評価してくれているんだなぁ…」と思うか…。
転職する際には、自分の市場価値が分かりますから、ある意味で残酷なものです。

 

 

転職先からすると、気持ちよく入社してもらうためにも相応の金額の提示が必要ですね。
無い袖は振れませんが…。

 

 

記事を読みますと、いい人を中途で採るためには、相応の軍資金が必要のようですね。
今に始まったことではないですが、その傾向に拍車がかかっているようです。