就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

厚労省が再入社の制度化を要請へ

再入社の制度を国が要請する…。
4月24日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

厚労省、再入社の制度化要請へ 雇用の流動性向上

 

 

ここから

 

厚生労働省は中高年の転職や再就職を促すため、企業が1度辞めた社員の再入社を可能にする制度をつくるように経済界に要請する。新たに策定した転職・再就職を促進する指針のなかで、制度の創設を検討するよう明記。再入社を促す制度がある企業は少ない。柔軟な採用を促すことで人材の流動性を高め、生産性向上につなげる。

 

厚労省は24日、経団連や経済同友会などに対し、指針に沿って企業が取り組んでいくように求める。指針に強制力はないが、一定の効果があるとみている。

 

指針では企業がとる施策として「自社から転職・退職した人の再入社制度の検討」と明記したほか「元の職種にかかわらない採用」や「中途採用者を賃金・昇進などの処遇で公平にすること」などを求めた。

 

ここまで

 


記事を読む限り、法律で求めるものではないので、強制力はないと思います。

 

ただ、企業には「採用の自由」がありますから、一定の制度化を国が企業に求めることはインパクトがあるかもしれません。

 

人手不足の世の中ですから、これからの時代において、このような制度が「あり」なのかもしれません。