就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

退職日は月末前がお得?

社会保険に関して、退職日はいつにすると良いでしょうか?
12月5日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

退職日、月末前がお得? 社会保険料が減、給付に注意

 

 

ここから

 

近々、転職する予定です。退職日を月末日より前にすると、社会保険料の負担が減ると聞きました。どのような仕組みなのでしょうか。

 

会社員は健康保険組合または全国健康保険協会(協会けんぽ)などの健康保険料や、厚生年金保険料などの社会保険料を負担しています。社会保険の加入資格が喪失する日は退職日の翌日です。保険料は日単位ではなく月単位で計算し、保険料を負担する期間は「入社月から退職日の翌日の属する月の前月まで」というルールがあります。

 

ここまで

 


年末で退職をお考えの方がいると思います。
「1月1日付で新しい会社に就職することとなったので、12月31日付で退職したい」と申し出たところ、会社側が「退職日を前倒して、12月30日付にしませんか?保険料を節約できますよ」と言ってくる場合があります。

 

 

12月31日付で退職した場合、社会保険の資格は退職日の翌日の1月1日に喪失します。
この場合、社会保険料は12月分まで納めます。

 

一方、12月30日付で退職とした場合、社会保険の資格は退職日の翌日の12月31日に喪失します。
この場合、社会保険料は11月分まで納めます。

 

 

12月30日付の退職とした場合、12月分を納めなくていいからラッキーと考えるのは早計です。


この12月分は、自分で手続きして国民年金の保険料を納める必要があります。

納めないと、その月数分だけ、将来の老齢基礎年金が減ります。
1ヵ月分ですと、約2,100円減ります…それが、一生続きます。

 

医療に関しても、12月31日だけのために国民健康保険などに加入する必要があります。
当たり前ですが、これも手続きが必要。

 

 

ご存知の通り、会社は社会保険料の半額を負担しています。
12月30日付の退職にしてくれたら、会社は12月分の会社負担を免れることができます。
会社からすると、退職する人の12月分の年金などのことなんて知ったこっちゃないから、このように勧めるわけでしょう。

 

 

納得して12月30日付の退職にするのなら、それはそれでよいのかもしれませんが…。