就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年5月10日

ブログ(「隠れ増税」限界に)を更新しました。

2019年5月15日

ブログ(昼休みは一斉に休憩)を更新しました。

2019年5月20日

ブログ(パワハラ証明に「秘密録音」)を更新しました。

2019年5月23日

ブログ(70歳までの雇用を努力義務へ)を更新しました。

2019年5月24日

ブログ(介護休暇、時間単位を検討)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

労働保険を過少支給か

国からの給付で訴求精算が行われるのでしょうか?
1月10日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

労働保険を過少支給か 毎月勤労統計の調査ミス、影響広がる

 

 

ここから

 

賃金や労働時間を示す毎月勤労統計の調査手法が誤っていた問題で、同統計と関連する制度に影響が広がっている。雇用・労災保険の給付水準は、同統計で示す賃金によって変わる。これまで公表していた数値が実態より低かった場合、本来より少なく給付していた人がいるとみられる。

 

毎月勤労統計は国の基礎的な統計で、労働保険の給付ほか、雇用者報酬などの算出にも使われる。調査手法の誤りは2004年から行われていた。厚労省は労働保険の影響や人数を調べ、過少給付されていた人への支払いを検討している。

 

毎月勤労統計は賃金などの動向を厚労省が調べ、公表している。従業員500人以上の事業所は全て調べることになっているが、東京都分について全数の3分の1程度を抽出し調査していた。一方で、全数調査に近づくよう自動的に処理するプログラムも使っていた。

 

ここまで

 


厚生労働省が調査する統計で誤りがありました。
昨年12月中旬に発覚していたものの、公表が遅れた模様です。

 

 

労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称です。

この2つの保険の給付で問題が起きそうです。

 

この「毎月勤労統計」による賃金の統計値をもとに失業手当(正確には、雇用保険の基本手当と言います)の上限額や下限額に使われます。
労災保険でも、この統計値により給付の水準が変わることがあります。

 

 

一般的に、保険給付の時効は2年、ただし年金に関するものは5年です。
そこまで遡るのでしょうか?

 

いままで少なくもらっていた人は、その差額をもらえて当然でしょう。
逆に、多くもらっていた場合があるとしたならば、どうなるんでしょうかね。

 

 

年金では、「計算が間違えていました」ということがありました。
働き方改革の法案の根拠として、裁量労働制の労働時間について杜撰なデータがありました。

 

ちょっと信頼が…。