就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年7月10日

ブログ(国民年金の納付率は実質4割)を更新しました。

2019年7月11日

ブログ(悪質クレームが増加)を更新しました。

2019年7月12日

ブログ(副業の残業の上限を柔軟に)を更新しました。

2019年7月18日

ブログ(仕事は「人並み」を希望?)を更新しました。

2019年7月18日

ブログ(小売業が営業時間短縮へ)を更新しました。

2019年7月23日

ブログ(心の病で労災申請が最多)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

パワハラ防止、企業の義務に

動いているみたいです。パワハラ防止の義務化が…。
1月28日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

パワハラ防止、企業の義務に

 

 

ここから

 

上司からの過剰な要求や執拗な叱責といったパワーハラスメント(パワハラ)について厚生労働省が対策強化に乗り出します。企業にパワハラ防止を義務付ける労働施策総合推進改正法を2019年の通常国会に提出予定です。これまでパワハラを直接規制する法制度はありませんでした。成立すれば職場環境の改善に一歩前進します。

 

ここまで

 


会社側は「線引きが難しいから…」と法制化にはあまり賛成していませんでしたが、どうやら今通常国会に提出されるみたいです。

 

 

この法律ができたからと言ってパワハラがなくなるわけではないでしょうが、企業自体に防止義務が課されることはインパクトがあると思います。

 

中小企業では社長自体が恒常的にパワハラをしている場合もあります。
そんな企業に防止義務を果たせるのかという疑問もなくはないですが、まずは一歩踏み出さなければ…。

 

 

今国会は、厚生労働省の毎月勤労統計の問題で揺れるのでしょうか?
このような大切な法案にはしっかりと時間を割いていただきたいものです。