就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年4月8日

ブログ(厚生年金、156万人加入漏れ)を更新しました。

2019年4月9日

ブログ(労働法違反すると求人拒否へ)を更新しました。

2019年4月12日

ブログ(外国人の労働条件を調査)を更新しました。

2019年4月17日

ブログ(日本初のセクハラ裁判)を更新しました。

2019年4月18日

ブログ(厚生年金加入、70歳以上も検討)を更新しました。

(お断り)4月19日、ブログの内容を一部修正しております。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

年金開始、75歳も選択肢を検討

75歳まで年金をもらうのを我慢できる人なんているのかなぁ。
1月26日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

年金開始、75歳も選択肢 厚労省検討

 

 

ここから

 

厚生労働省は公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入った。毎月の年金額は65歳開始に比べて2倍程度とする方向だ。いまは70歳開始が上限だが、一段と高齢になってから年金をもらう選択肢をつくる。働く高齢者を増やす呼び水にし、元気な高齢者に社会保障を支える側に回ってもらうのが狙いだ。

 

ここまで

 


自営業とかで75歳まで元気に働くことができるのであれば、繰下げるのも良いかもしれないですね。
もらえる年金の額がぐんと増えますからね。
だけど、もらう前に天に召されると…。

 

 

在職老齢年金の制度もあるわけで、年金をもらいながら働くという人も多いと思います。
特に、60歳を超えると賃金水準が下がることが多いですからね。

 

 

いまの年金の制度では、70歳まで年金受給を繰下げることができます。
原則65歳からの年金受給開始を、65歳以降に繰下げている人は、1%程度とのことです。
まずは、この制度を知ってもらうことが大切のような気もしますが…。