就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年11月7日

ブログ(社会保険加入逃れの検査を強化)を更新しました。

2019年11月8日

ブログ(パワハラ防止義務化の日程案)を更新しました。

2019年11月12日

ブログ(育休促進で膨らむ雇用保険)を更新しました。

2019年11月13日

ブログ(年金減額「月収51万円超で」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

使用者による年休付与義務の実務 Q&Aその3

今日も、今年4月1日から始まる「使用者による年休付与義務(時季指定義務)」の実務について、考えてみましょう。
厚生労働省パンフレットのQ&Aから抜粋します。

 

 

Q:
パートタイム労働者など、所定労働日数が少ない労働者であって、1年以内に付与される年次有給休暇の日数が10日未満の者について、前年度から繰り越した日数を含めると10日以上となっている場合、年5日確実に取得させる義務の対象となるのでしょうか。

 

 

A:
対象とはなりません。前年度から繰り越した年次有給休暇の日数は含まず、当年度に付与される法定の年次有給休暇の日数が10日以上である労働者が義務の対象となります。

 

 

パートタイム労働者の方も年休を取得することができることはご存知でしょうか?
わりと知らない人が多いのも実情です。

 

 

週労働時間が30時間未満のパートタイマーの方には、「比例付与」という制度があります。
週所定労働時間が短くても、勤務日数に比例して年休が付与されるというものです。

 


パートさんへの比例付与では、勤続年数が短いと年に10日以上付与されない場合があります。
だけど、前年の年休を繰越しで残しておいて、今年の新たな年休の日数と合算すると10日以上となる場合があります。

 

「使用者による年休付与義務(時季指定義務)」は、年休の日数が10日以上の人に対して行わなければなりませんが、繰越日数との合算で10日以上になってもその義務はないということです。

 

 

それよりも何よりも、パートさんに勤務日数に応じた年休が付与されているかのご点検をしておくことをお勧めします。
なお、パートさんでも週30時間以上の勤務の人は、正社員と同じ日数の年休が付与されますので、念のため。