就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年7月5日

ブログ(就業中は禁煙へ)を更新しました。

2019年7月10日

ブログ(国民年金の納付率は実質4割)を更新しました。

2019年7月11日

ブログ(悪質クレームが増加)を更新しました。

2019年7月12日

ブログ(副業の残業の上限を柔軟に)を更新しました。

2019年7月18日

ブログ(仕事は「人並み」を希望?)を更新しました。

2019年7月18日

ブログ(小売業が営業時間短縮へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

時間外労働上限規制対応の実務 Q&Aその1

大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から時間外労働の上限が規制されます。
よくある疑問について、厚生労働省のパンフレットを基に一緒に考えてみましょう。

 

 

Q:
施行前(大企業は2019年3月31日まで、中小企業は2020年3月31日まで)と施行後(同年4月1日以後)にまたがる期間の36協定を締結している場合には、4月1日開始の協定を締結し直さなければならないのでしょうか。

 

 

A:
・改正法の施行に当たっては、P.6のとおりの経過措置が設けられています。この経過措置によって、施行前と施行後にまたがる期間の36協定を締結している場合には、その協定の初日から1年間に限っては、その協定は有効となります。
・したがって、4月1日開始の協定を締結し直す必要はなく、その協定の初日から1年経過後に新たに定める協定から、上限規制に対応していだくこととなります。

 


36協定の締結について、4月から翌年3月の年度単位で締結する場合と、1月から12月の暦年単位で締結している会社がよく見られます。

 

前者の年度単位ですと、大企業も中小企業も法律通りの2019年4月または2020年4月から時間外労働の上限規制がかかります。

 

後者の暦年単位の場合、経過措置があります。
中小企業の場合を見てみましょう。

 

 

中小企業に上限規制がかかるのは、2020年4月1日からです。

 

中小企業で暦年での36協定の締結の場合、2020年1月1日から2020年12月31日までの協定を締結します。
その協定期間中の2020年4月1日から上限規制がかかるわけではありません。

 

2020年1月1日の協定から1年を経過した後の2021年1月1日からの協定ではじめて、上限規制がかかるということです。

つまり、2020年4月1日から適用されるところですが、経過措置により2020年4月1日から2020年12月31日までは免除されるわけです。

 

よく勘違いされるところですので、しっかりと抑えておいてくださいね。