就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年11月27日

ブログ(男性の育休取得率6.2%)を更新しました。

2019年12月3日

ブログ(75歳以上の医療費、2割負担を検討)を更新しました。

2019年12月4日

ブログ(働く高齢者の年金額を毎年改定へ)を更新しました。

2019年12月5日

ブログ(正社員の手当が消える?)を更新しました。

2019年12月6日

ブログ(就活生へのパワハラ防止は不十分?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

雇用保険料が据え置きへ

働く人のお財布に、少しだけ優しいお話しです。
5月28日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

雇用保険据え置き、来年度も料率0.6% 積立金、高水準で

 


ここから

 

厚生労働省は雇用保険料を低く抑える特例措置を延長する検討に入った。労使で折半して負担する保険料率を2017~19年度に限って過去最低である年収の0.6%としてきた措置を20年度以降も続ける。失業者の減少で積立金は高い水準を保っており、当面は特例措置を継続できるとの判断に傾いた。

 

特例措置を延長しなければ、保険料率は0.8%に戻り、労使ともに負担が増す。政府は19年10月に消費税を8%から10%に引き上げる予定で、追加の負担増を避ける狙いもある。

 

ここまで

 


今年度の雇用保険の保険料率は、一般の事業で0.6%です。
これを労使が折半しているので、働く人は0.3%です。
つまり、毎月のお給料に0.3%をかけた金額が雇用保険料として控除されています。

 

 

この保険料率が来年度も継続される見込みだそうです。
理由は、積立金が高い水準で保たれているからだそうです。
この積立金は、多くが失業保険に使われるものです。
たしかに人手不足のため、失業保険をもらう人は少なくなりましたね。