就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年11月7日

ブログ(社会保険加入逃れの検査を強化)を更新しました。

2019年11月8日

ブログ(パワハラ防止義務化の日程案)を更新しました。

2019年11月12日

ブログ(育休促進で膨らむ雇用保険)を更新しました。

2019年11月13日

ブログ(年金減額「月収51万円超で」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

昼寝して能率アップ

ある意味で、働く人の生産性のお話しです。
6月10日の日経夕刊からご紹介します。

 

 

昼寝して能率アップ カフェや職場…働き方改革で注目

 


ここから

 

本格的な夏の訪れを前に、寝苦しさを感じる夜が増えてきた。記録的な猛暑だった昨年は6月から7月にかけ、平均睡眠時間が最も短くなったという調査もある。寝不足が重なり、仕事や生活の質が下がることは避けたい。そこで今、注目されているのが「昼寝」だ。目覚めた後に仕事のパフォーマンスを高める効果があるとして脚光を浴びており、関連するサービスが相次ぎ登場している。

 

「次の用事まで時間が空いたので初めて訪れた。すっきりしました」。都内に在住する太田光さんは笑顔だ。JR大井町駅近くのビルの5階。太田さんが体験したのは、ネスレ日本が3月にオープンした「ネスカフェ 睡眠カフェ」だ。

 

店内は布製のパーテーションで仕切られ、柔らかな暖色系の明かりの下、高級ベッドや北欧製の本革チェアでくつろげる。眠る前にカフェイン入りコーヒーを飲む「ナップコース(30分)」と、睡眠前にカフェインレス、起床後にカフェイン入りを楽しめる「睡眠コース(1~3時間)」を用意した。料金は750~4950円(税抜き)。

 

コーヒーと睡眠。相反するイメージだが、約30分の仮眠の場合、眠る前にカフェイン入りを飲むと目覚める頃にカフェインが効き、リフレッシュできるという。

 

ここまで

 


昼寝って本当に気持ちがいいです。
眠たいときに寝ないで効率悪く仕事するより、15分程度の昼寝をして、その後の効率を高める方が良いと思います。

 

 

記事にあるように、仮眠する前にコーヒーを飲んでおくと、目覚めた頃にカフェインが効いてくるので良いらしいです。
睡眠関連の本によく書かれています。

 

 

昼寝は、机などにひれ伏して15~20分程度寝るだけでも効果があるそうです。
逆に、横になってしまうと長い時間眠ってしまい、頭がボーッとしてしまいがちです。

 

 

午後の仕事の時間中、「15分だけ寝ます!」と宣言して、机にひれ伏して寝られる理解のある職場はなかなかないでしょうね。
そんな場合、記事にあるような睡眠カフェが良いのかもしれないですね。