就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年11月7日

ブログ(社会保険加入逃れの検査を強化)を更新しました。

2019年11月8日

ブログ(パワハラ防止義務化の日程案)を更新しました。

2019年11月12日

ブログ(育休促進で膨らむ雇用保険)を更新しました。

2019年11月13日

ブログ(年金減額「月収51万円超で」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

日本の管理職は短命?

管理職の方にとって、気になる調査結果が…。
6月14日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

日本の管理職 短命? 東大など比較、欧州と傾向異なる「自らを長時間労働に」

 

 

ここから

 

日本の管理職や専門職の男性は他の労働者に比べ死亡率が高く、管理職の方が健康な欧州とは異なった傾向の健康格差があることが、東京大などが13日までに行った国際比較で分かった。死亡率はバブル崩壊後の1990年代後半に上昇。現場の仕事と組織運営を兼ねる「プレーイングマネジャー」化や組織縮小で心身の負担が増した影響を引きずっているとみられる。

 

欧州は90年代から一貫して、経営者や中間管理職、医療職や教員らの「管理職と専門職」より「事務・サービス系」「工場や運輸など肉体労働系」の死亡率が高かった。近年を見ると例えばデンマークやスイスは、10~14年の肉体労働系の死亡率が、管理職と専門職の2倍強になっている。

 

だが日本は90年代後半以降、管理職と専門職が他の2グループより高い状態。主な原因はがんと自殺だった。15年でも10万人当たり357人と、事務・サービス系の1.4倍だ。

 

ここまで

 


私が新卒で就職した頃、管理職の仕事は本当に楽そうに見えました。
一日中、日経新聞を読んでおしゃべりしているいるだけの人もいました。
管理職の机って広いから、紙面全てを広げられるんすよね。
早くそういう立場になりたいもんだと思ったことも、正直ありました。

 

 

別の会社ではありますが、自分が管理職になると、忙しいのなんの…。
俗にいう「プレーイングマネジャー」なんて呼ばれて、一般の仕事をこなしながら、部下の管理まで任せられる…。
責任は増すばかりでした。
時期的にも、記事にあるような90年代後半以降です。

 

 

この「プレーイングマネジャー」と呼ばれるような働き方がある限り、残念ながら記事のような傾向は続くのではないかと思います。