「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年7月25日、料金表を改定しました!!!
中小・零細企業様により便利にお安くサービスできるように、料金の見直しを行いました。
20210725横川社会保険労務士事務所料金表.pdf
PDFファイル 313.8 KB

2021年7月1日

ブログを更新しました。

タイトル:国民年金の保険料、免除・猶予が最多

2021年7月14日

ブログを更新しました。

タイトル:協会けんぽの黒字最高

2021年7月15日

ブログを更新しました。

タイトル:「コロナ夏」在宅勤務のコツ

2021年7月16日

ブログを更新しました。

タイトル:コロナで解雇11万人超

2021年7月28日

ブログを更新しました。

タイトル:最低賃金3%上げで930円(2021年度)

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

仕事のストレス「コロナ拡大後に増」5割

転職を検討している方に限ったものですが、コロナでストレスが増えている傾向に…。

6月11日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

仕事のストレス「コロナ拡大後に増」5割
販売・サービス職多く

 

 

ここから

 

転職を検討している人の54%が、新型コロナウイルス感染拡大前後で「仕事のストレスが増えた」と感じていることが、10日までの総合人材サービス会社「エン・ジャパン」の調査で分かった。

 

販売・サービスや医療・福祉といったコロナ禍の影響を強く受けた職種ほどストレスを感じる人の割合も増える傾向にあった。

 

「変わらない」は37%で「減った」は9%。背景には仕事量や感染リスク、クレーム対応などがあるとみられる。

 

職種別で最もストレスが増えたのは販売・サービスの61%。医療・福祉やブライダルといった専門サービスが56%、営業が55%で続いた。

 

自由記述では「マスクを着けていない客と話すことがあり、いつ感染してもおかしくない」(41歳男性)、「コロナで売り上げが落ち、賞与がなくなった」(27歳男性)といった言葉が並んだ。

 

一方、ゲーム制作などのクリエーティブ分野や、ITなどのエンジニアでストレスが「増えた」と答えたのは、それぞれ49%と47%。他方で「減った」とした人は20%と14%で、他業種と比べ割合が高かった。通勤や人間関係から解放されたとの声が目立ち、テレワークを導入しやすい事情が影響しているという。

 

ここまで

 

 

転職を検討している人だけに対するアンケート結果ですが、そうでない人を含めてもきっと仕事のストレスが増えた人は多いと思われます。

 

 

特に、販売・サービスや医療・福祉といった接客で人に応待せざるを得ない仕事の人はストレスを感じるでしょうね。

 

 

「マスクを着けない客と話すことがあり…」なんて、お客さんとして出入り禁止で良いと思います(マスクを着けられない理由があれば別ですけど)。

いまでも、たまにマスクを着けていない方とか、顎までずらしている人をよく見かけます。

2メートルぐらいの距離を取っても、やっぱり勘弁してほしいものだと思います。

 

 

それ以外には、やはり売上の問題です。

事業の存続に危機的なところもあるでしょう。

特に経営者さんは、ストレスといった言葉以上のものがあるのだと思います。

 

 

月並みですが、仕事以外の際に、いかに仕事のことを忘れることができるか…。

忘れるために、何か趣味などに没頭することができるか…。

こういったところで、凌いでいくしかないように思います。