「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年4月20日

ブログを更新しました。

タイトル:夫の育休、妻は収入減に不安

2022年5月10日ブログを更新しました。

タイトル:「働きがい改革」道半ば

2022年5月11日

ブログを更新しました。

タイトル:ビデオ会議、パジャマでOK

2022年5月12日

ブログを更新しました。

タイトル:大企業の健保、赤字縮小

2022年5月13日

ブログを更新しました。

タイトル:バイト先の賄いがなくなったら

2022年5月17日

ブログを更新しました。

タイトル:個人事業の厚生年金義務、業種拡大を検討へ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

リモートになじめず孤独感

テレワークに関する意識調査のお話しです。

昨年12月31日の日本経済新聞朝刊からご紹介します。

 

 

孤独感、働き盛り40~50代で顕著 リモートなじめず
生産性に悪影響も

 

 

ここから

 

新型コロナウイルス禍で40、50代を中心とする働き盛りの「孤独感」が、他の世代よりも深刻さを増している。テレワークの拡大などに伴いコミュニケーションの手段が変わるなか、対面中心の意識から脱しきれないことなどが背景とみられる。孤独感に伴う経済損失について英国では年間約5兆円との試算もある。生産性などに与える影響は軽視できず、官民を挙げた対策が不可欠だ。

 

「人との付き合いがないと感じる」「取り残されていると感じる」などと答えた人に、その頻度を尋ねて孤独感を判定した。さらに電話やメールなどでの同僚や知人らとの交流の有無や頻度を聞き、社会的孤立の状態にあるかを判断した。

 

「相手の表情が見えないとちょっとした一言が心に刺さる」。東京都内の商社に勤める50代男性は、20年春以降、社の方針で原則在宅勤務の日々がいまも続く。半年がたったころ、精神面に負担を感じるようになった。管理職として出席しなければならないリモート会議が1日8つ入ることもあった。「形は繋がっているけど、心は繋がっていない」

 

欧米では家庭や職場以外の「第3の場所」をつくる支援が進む。家庭と職場ではないストレスをため込まない場所を指し、教会やカフェなどが想定されている。

 

ここまで

 

 

 

新型コロナの第6波が来るのではないかと嫌な予測が出ている中、リモートになじめない世代があるようです。

ずばり、40代と50代だそうです。

 

 

この世代の中には、パソコンがない時代に仕事をしたことがある人もいます。

オフィス以外で仕事をすることに慣れていないことも影響しているのでしょうか。

 

あるいは、哀愁漂う年齢になり、同じことを言われても若い人は受け流せるけれども、40代・50代は受け流せないとか…。

 

 

私の仕事上のお付き合いのある人、あるいは友人のうちで在宅勤務をしている人は、テレワーク(特に、在宅勤務)をポジティブに捉えている人ばかりです。

「部下の管理が少し心配」という人はいますけどね。

この世代であれば、管理職の方が多いでしょうから…。

 

 

調査でこのような結果が出ているということは、何らかの対策も必要かもしれません。

仕事の生産性が落ちたのでは元も子もありません。

 

 

その対策を会社が講じるのか、それとも個人が講じるのか。

その点は、両者が協力をしてということになろうかと思いますが、記事にあるように「第3の場所」を作ることも良いのではないでしょうか。

 

 

在宅勤務では、中抜け時間を認められる場合があります。

本来の勤務時間内に1時間だけ抜けて散歩でもして気分転換をし、その1時間を本来の終業後に回すというものです。

月並みなことかもしれませんけど、少しは気分転換ができると思うのですけど。