「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年4月20日

ブログを更新しました。

タイトル:夫の育休、妻は収入減に不安

2022年5月10日ブログを更新しました。

タイトル:「働きがい改革」道半ば

2022年5月11日

ブログを更新しました。

タイトル:ビデオ会議、パジャマでOK

2022年5月12日

ブログを更新しました。

タイトル:大企業の健保、赤字縮小

2022年5月13日

ブログを更新しました。

タイトル:バイト先の賄いがなくなったら

2022年5月17日

ブログを更新しました。

タイトル:個人事業の厚生年金義務、業種拡大を検討へ

2022年5月27日

ブログを更新しました。

タイトル:男女の賃金差、開示義務化へ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

匿顔

新しい造語と言いますか…。

2月7日の日本経済新聞夕刊(令和なコトバ)からご紹介します。

 

 

匿顔
ネットもリアルも顔見えず

 

 

ここから

 

ある企業で、女性の新入社員に言った男性上司のこんなひと言が問題になったと聞いたのは、2020年の夏ごろのこと。「履歴書の写真でしかキミの顔は見たことない。たまにはマスクを取って、顔を見せてくれないか?」。その場は、スルーした新入社員だったが、のちに何かのハラスメントと感じ、人事部に相談。「マスク内に触れるべからず」という警鐘を、社内にカンカン鳴らしたそうだ。

 

***途中省略***

 

あんなに鬱陶しかったマスクだが、「隠す」メリットを実感している人も増えていそう。と、前置きが長くなったが、ここで今週のお題「匿顔」だ。

 

匿名をもじって、匿顔。そもそもは1995年、「日本顔学会」を立ち上げた東京大学名誉教授の原島博さんが、顔の見えないネットの社会などを、「匿顔のコミュニケーション社会」(日本顔学会編「顔の百科事典」より)と呼んだのが始まりとされる。これが令和の時代には、マスクで相手の顔がよく見えなくなった、リアルの世界にも飛び火。再び、この言葉を目にすることが多くなった。

 

***以降省略***

 

ここまで

  

 

新入社員が入社してきて、マスクのせいで素顔を見たことないってことは、このご時世ではあり得るのでしょうね。

記事の最初のパラグラフにあるような「顔を見せてくれないか?」はハラスメントになるのでしょうか…。

 

 

そのマスクで包む顔ですが、「匿顔」と呼ばれることもあるようです。

マスクをつけることで、メリットを実感している人が増えているそうです。

私自身で申しますと、ひげを剃る回数が明らかに減りました。

コロナ前は毎日剃っていいましたが、いまは3日に一回程度です。

女性ならば、お化粧を少し控えることができるかもしれませんね。

 

 

ところで、顔にはその人の性格や特徴などが現れることはよくあると思います。

企業勤めしていた時、「○○部長って、ちょっと考え方がおかしくありませんか?」と自分の上司に話したところ、「ツラを見りゃ分かるだろう」というシビアな反応があったことを思い出しました。

相手の顔から、性格や特徴を自分なりに紐づけることはありますよね。

 

 

好みとかタイプとかそういうことでなく、私は上記のような観点で面接の合否を判断することはありました。

非科学的な話しですが…。

 

 

話しは戻りますが、冒頭の「履歴書の写真でしかキミの顔は見たことない。たまにはマスクを取って、顔を見せてくれないか?」…。

部下の特徴を掴むために、せめて素顔ぐらい見たいということであれば、その気持ちは私は理解できます。