「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年4月20日

ブログを更新しました。

タイトル:夫の育休、妻は収入減に不安

2022年5月10日ブログを更新しました。

タイトル:「働きがい改革」道半ば

2022年5月11日

ブログを更新しました。

タイトル:ビデオ会議、パジャマでOK

2022年5月12日

ブログを更新しました。

タイトル:大企業の健保、赤字縮小

2022年5月13日

ブログを更新しました。

タイトル:バイト先の賄いがなくなったら

2022年5月17日

ブログを更新しました。

タイトル:個人事業の厚生年金義務、業種拡大を検討へ

2022年5月27日

ブログを更新しました。

タイトル:男女の賃金差、開示義務化へ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

東京ディズニーに賠償命令

「夢の国」とよく言われますけど、働く人にとっては「現実の国」なのかもしれません。

3月30日の日本経済新聞朝刊からご紹介します。

 

 

東京ディズニーに賠償命令 地裁、契約社員に88万円

 

 

ここから

 

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)でショーに出演していた女性契約社員(41)が、職場でパワーハラスメントを受けて体調を崩したとして、運営会社「オリエンタルランド」に330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁(内野俊夫裁判長)は29日、職場の環境調整を怠るなどの安全配慮義務違反があったと認め、88万円の支払いを命じた。

 

判決は会社側が職場環境の調整などを怠った結果、女性が体調不良になるなどしたと認定した。

 

一方、女性がパワハラと主張した言動については「一部は認められるが必ずしも違法とは言えない」とした。

 

オリエンタルランドの広報は「当社の主張が一部認められず誠に遺憾。判決内容を精査して対応を検討する」とのコメントを出した。

 

ここまで

 

 

パワーハラスメントに関する訴訟の地裁判決です。

たまたま東京ディズニーランド(オリエンタルランド)の記事がありましたので、引用しました。

その点は、ご了承ください。

 

 

注目していただきたいのが、3つ目のパラグラフの以下の部分です。

女性がパワハラと主張した言動については「一部は認められるが必ずしも違法とは言えない」とした。

 

 

内容を吟味せずに申し上げるのも何なのですが、パワーハラスメントってこのように認められる部分もあれば、認められない部分もあることが多いです。

このケースは、認められるにもかかわらず違法とは言えないとされています。

何が言いたいかと言いますと、ハラスメント関連の訴訟って判決がブレると言いますか、一定の判断基準がなかなか見いだせないところです。

 

 

この判決に不服で控訴したとすると、高裁で別の判断がなされることもあり得ます。

言い方はおかしいかもしれませんが、裁く裁判官の価値基準によっても判断が異なることが多いと思うんですよね。

ハラスメントかどうかの一定のラインがありながら、そのラインを超えるのか超えないのかは人の価値観によるところが多分にありますから、致し方ないと思います。

 

 

私たちも労務相談で、ハラスメント関連について相談を受けることがあります。

「それって、ハラスメントか?単なる被害妄想じゃない?」とか、「業務指導の範疇でしょうに」と思うことが多々あります。

しかも、「〇〇と言われたんです」と主張するものの、「何か証拠はありますか?」と訊くと「ないです」…。

 

 

ハラスメント関連で争い事を起こすなら、必ず証拠が必要です。

録音したものがあれば、もっとも良いです。

隠れて録音しても良いのかと疑問に思う方がいると思いますが、原則的にこれについては「良い」と言われています。

あるいは、メールのコピーなどの証拠があれば良いです。

 

 

こういった証拠があってはじめて、ハラスメントに関して争うことができます。

その上、申し上げました通り、判決がブレることが想定されます。

 

 

ハラスメントは、人権侵害です。

加えて、職場の雰囲気を良くして生産性を上げるため、早急に解決しなければならない問題です。

ですが、解決がなかなか難しい分野であることも言えます。