「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年4月20日

ブログを更新しました。

タイトル:夫の育休、妻は収入減に不安

2022年5月10日ブログを更新しました。

タイトル:「働きがい改革」道半ば

2022年5月11日

ブログを更新しました。

タイトル:ビデオ会議、パジャマでOK

2022年5月12日

ブログを更新しました。

タイトル:大企業の健保、赤字縮小

2022年5月13日

ブログを更新しました。

タイトル:バイト先の賄いがなくなったら

2022年5月17日

ブログを更新しました。

タイトル:個人事業の厚生年金義務、業種拡大を検討へ

2022年5月27日

ブログを更新しました。

タイトル:男女の賃金差、開示義務化へ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

週休3日で給与維持

最近「週休3日制」という文字をよく目にするようになりました。

4月12日の日本経済新聞朝刊からご紹介します。

 

 

日立、週休3日で給与維持 生産性向上へ働き方改革
時間から成果へ転換

 

 

ここから

 

日立製作所は給与を減らさずに週休3日にできる新しい勤務制度を導入する。働き方を柔軟に選択できるようにして多様な人材を取り込み、従業員の意欲などを高めて生産性を引き上げる。パナソニックホールディングス(HD)やNECも週休3日を検討する。成果さえ上がれば働く日数や時間にこだわらない経営が日本で広がる可能性がある。

 

***以下省略***

 

ここまで

 

  

給与を維持して週休3日制にするということは、5日でこなしていた1週間の所定労働時間を4日でこなすということでしょう。

週40時間勤務の場合、週5日×1日8時間を、週4日×1日10時間にするということでしょう。

 

 

これは、「1ヵ月以内単位の変形労働時間制」という労働基準法上の制度を使えば問題ありません。

週4日×1日10時間とした場合、この制度を使えば、1日8時間を超えた2時間の部分には25%の割増賃金を会社が支払う必要がありません。

ただし、手続きが不備な場合は支払う必要があり、その点は怠りなく…。

この通り、週4日勤務にするための労働時間の規制はすぐにクリアできます。

 

 

問題は、「評価制度」ですよね。

 

かつて世の中から嫌がられた成果主義に、あらためて光が当てられることになるでしょう。

と言いつつ、成果に対する評価を取り入れていない会社の方が珍しいと思います。

今後は、その割合が高くなっていくのかなと思います。

 

もう一つは、個人の能力にスポットを当てた職業能力型の賃金制度から、仕事(職務や役割)にスポットを当てた賃金制度に移行するのだと思います。

これもすでに移行している会社が多くなっています。

個人的には、職務型のようなギチギチの制度ではなく、役割型といったちょっとファジーな部分のある賃金制度の方が運用しやすいと思っています。

 

 

この役割型賃金をベースにして成果主義をいかに組み合わせていくかという考え方が分かりやすく、かつ運用しやすい制度になると思います。

言っていることは、かなり曖昧ですが(苦笑)。

 

この辺りは、人事制度の設計でお手伝いをさせていただいている部分でして、その際にはきっちりとご説明させていただきます。

 

変形労働時間制の導入もお手伝いできる分野です。

 

 

これらを導入を検討する際には、専門家である社会保険労務士をうまく使っていただきたいと思います。