「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2022年10月27日

ブログを更新しました。

タイトル:テレワーク女性の就業時間伸びる

2022年10月28日

ブログを更新しました。

タイトル:出産育児一時金、来年度から5万円増へ

2022年11月11日

ブログを更新しました。

タイトル:年金積立金運用が赤字(2022年第3四半期)

2022年11月22日

ブログを更新しました。

タイトル:ベア中心で賃上げを

2022年11月30日

ブログを更新しました。

タイトル:2023年「賃上げ春闘」の死角

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

出産一時金を増額へ

お子さんが生まれた際の出産費用に充てる「出産一時金」が増額される見込みです。

6月16日の日本経済新聞朝刊からご紹介します。

 

 

首相、出産一時金増額を表明 13年ぶり

 

 

ここから

 

岸田文雄首相は15日の記者会見で、出産時に公的医療保険から支払われる出産育児一時金をおよそ13年ぶりに増額する方針を表明した。「私の判断で大幅に増額する。安心して妊娠、出産できる環境づくりを進める」と述べた。現在は子ども1人あたり42万円だが、出産にかかる費用は年々増えており、子育て世帯の負担が高まっていた。

 

***途中省略***

 

一時金は2009年以来42万円のままだ。07年度の出産費用は平均39万円で、政府はそれを元に09年度に一時金を38万円から42万円に増額した。直近では実際の費用は19年度に平均46万円まで上昇している。

 

ここまで

  

 

この記事の数日後、官房長官が記者会見で「2023年度から実施したい」と述べました。

 

 

42万円の出産育児一時金が増額されて、「じゃぁ、子供を」という気持ちになるかなぁ…。

出産費用が赤字にならないようになることはありがたいと思いますけど…。

 

 

うちの子供が生まれた時は、たしか30万円だったと思います。

医療の高度化などで、出産にかかる費用も増えているのでしょうね。

 

 

合計特殊出生率に関しては、本当に心配しています。

人口減の国は成長しないでしょうから…。