就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年9月26日

ブログ(格差是正で「人件費増」46%)を更新しました。

2019年9月27日

ブログ(厚生年金「企業要件撤廃を」)を更新しました。

2019年10月3日

ブログ(「お試し転職」増加中)を更新しました。

2019年10月4日

ブログ(がんで「仕事と両立可能」は37%)を更新しました。

2019年10月17日

ブログ(横並びが崩れる内定式)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

外国人の労働条件を調査

厚生労働省による新たな調査が行われるようです。
4月9日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

外国人の労働条件を調査 厚労省、19年賃金構造統計から

 

 

ここから

 

厚生労働省は2019年の賃金構造基本統計から、外国人労働者の賃金や労働時間の調査を始める。これまでは別の調査で外国人の労働者数や雇用する事業者数などを調べていたが、労働条件を詳しく調べるのは初めて。外国人は4月から新たな在留資格での受け入れが始まった。増える働き手の処遇を把握し雇用環境の改善につなげる。

 

7月に実施する19年分から調査票に在留資格を加え、労働日数や労働時間、現金給与額を調べる。特別永住者と外交・公用目的以外の外国人労働者が対象となる。

 

政府は4月に施行された改正出入国管理法で新たな在留資格「特定技能」を創設し、外国人労働者の受け入れを拡大した。外国からの労働者を巡っては、かねて低賃金や長時間労働など過酷な労働環境を強いられているとの指摘があった。

 

ここまで

 


一部の人を除いて、外国人労働者は労働条件があまり良くないイメージがあります。

 

労働条件の実態を把握して、外国人労働者の雇用環境の改善を図ることが目的のようです。

 

 

労働基準法第3条(均等待遇)では、以下のように定められています。

 

使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。

 

 

国籍を理由とする労働条件の差別的取扱いは違法です。
その外国人の方が、たまたま能力が乏しいであるとか、仕事の業績を上げられないなどの理由があれば、労働条件の差があったとしても、これは違法にならないでしょう。
逆に言うと、こういった「理由」を説明できるか。
ここは一つのポイントだと思います。