就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

就業規則の周知

Q:就業規則を周知するとは、どの程度の周知が必要でしょうか?

Q:

就業規則を周知するとは、どの程度の周知が必要でしょうか?

 

A:
就業規則の「届出」は労働基準法89条本文による行政取締上の義務であり、民事上の効力には関係がありません。


一方、就業規則の「周知」は、それを怠ると民事上の効力に影響を及ぼし、無効となる可能性があります。



就業規則を周知させる方法については、労働基準法施行規則52条の2で、次のように定めています。

  1. 常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、または備え付けること。
  2. 書面を労働者に交付すること。
  3. 磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準じる物に記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること。


これら三つの方法に限定されるものではなく、実質的に判断されます。


この「周知する」という意味は、各労働者が就業規則の内容を熟知しているということではなく、労働者が知ろうと思えばいつでも就業規則の存在や内容を知り得るようにしておくことを言います。


何か問題が起こったときに、容易に見ることができるようになっていれば「周知」していると言えます。


就業規則がどこにあるか分からない場合や、金庫の中や社長の机の引き出しの中で厳重に管理されているような場合は、周知されているとは言えないように思われます。


なお、周知を欠いた就業規則は無効と判断された判例(フジ興産事件)がありますので、ご注意ください。

御社の就業規則はきちんと整えられていますか?
「就業規則の無料診断」を実施中です。

お気軽に、こちらからどうぞ。