就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

振替休日(休日の振替)と代休の違い

Q:当社では、振替休日(休日の振替)と代休とを混同してしまっています。どのような違いがあるのでしょうか?

Q:
当社では、振替休日(休日の振替)と代休とを混同してしまっています。どのような違いがあるのでしょうか?


A:
振替休日も代休も、労働基準法上に根拠を持つものではありませんが、各々以下のように取り決められています。



振替休日とは、あらかじめ休日とされた日を労働日とし、その代わりに他の労働日を休日とすることをいいます。
例えば、日曜日を休日と決めている場合、その日曜日と翌々日の火曜日を入れ替えて、日曜日を労働日に、火曜日を休日とすることです。


休日が振り替えられると、労働日と休日が交換されたこととなりますから、労働日とされた日の労働について、休日労働として割増賃金の支払い義務が生じるものではありません。
ただし、振替により労働日とされた日を含む週の労働時間が週法定労働時間を超えた場合、休日労働に対する割増賃金ではなく、時間外労働に対する割増賃金の支払い義務が生じることとなります。


休日の振替のためには、
・就業規則に休日を振り替えることのできる旨の規定があること
・振替にあたっては、事前に振替の対象となる休日と振替によって新たに休日となる日を指定すること
が必要です。



一方、代休とは、休日労働や長時間の時間外労働、深夜労働が行われた場合に、その代償措置として、以後の労働日の労働義務を免除するものです。


事前に振替という手続を取らず、休日労働を行わせた後にその代償として代休を与えても、すでに休日労働を行ったという事実は消えません。
したがって、その場合には休日労働の割増賃金部分の支払いが必要です。


代休は、単に長時間労働等に対して代償措置として付与するもので、使用者が労働者に付与する義務のものではありません。
代休についても、就業規則にその取扱いを決めておきましょう。